格付けで選ぶ

イタリアワインは、1963年にワイン法が制定され、イタリアワインの格付けとしてDOCが定められました。
2009年にはEU域内のワインの法的規制により、DOCGとDOCがDOPに、IGTがIGPに、VdTがVINOに再分類されましたが、
まだEU表示は普及しておらず、現在市場に出荷されているイタリアワインのほとんどが
伝統的表示をしているので、旧格付けを解説しています。

グループ一覧

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

55商品中 1-12商品